フィギュア人形?・・・・
僕には全く興味のない世界で、少し抵抗感さえあった
3D事業を始めるにあたり、マシンサプライヤーから
「ご自身で作られたら、わかりますよ」と言われていました
3Dカメラで取り込まれた自身の画像が、ポリゴンデータになり
3Dプリンターにより立体造形に
初めて出会う小さな自分。手にとった瞬間に
「何だろう?このノスタルジックな気持ちは?」
一言で言うなら「いとおしい。」
おかしな感覚ですが、作られた方は皆さん
自分自身=”分身”のような感じを抱くようです
 
例えばそれが
愛する家族ならどんな気持ちになるのでしょう?
「手のひらの上のシアワセ。」
懐かしいような初めての想いを
3D MAKERSで感じて下さい

3D MAKERS M.Miyamoto

 

 

 

PAGE TOP